勢い止まらぬマヨン山「衛星がとらえた!」避難者8万人に増加

この記事は約1分で読めます。

フィリピン・ルソン島のマヨン山は今月13日の噴火から2週間が経過

したが、火山活動が終息する気配は一向になく、避難者の数は8万人以上に膨れ上がった。ドゥテルテ大統領は29日、アルバイ州を訪れ、緊急支援として2000万ペソ(約4230万円)を供出することを決めた。
フィリピン火山地震研究所(PHIVOLCS-DOST)によるとマヨン山では昨夜も噴火が相次ぎ、溶岩の噴出は最長1時間36分継続。火山噴出物の堆積で火口内にできた溶岩ドームは、噴火の衝撃で崩壊し、大量の溶岩が流出している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました