キラウエア噴火、数トン規模の噴石や火山ガスの危険

NEWS
この記事は約1分で読めます。


 5月9日、米地質調査所(USGS)は、ハワイ州ハワイ島で同日に起きたキラウエア火山の大規模噴火について、今後、爆発性噴火により噴石が数キロメートル吹き上げられ、近隣の町に火山灰や火山ガスを含む噴煙が達する可能性があるとの見解を示した。写真は有毒ガスのレベルを調べる州兵。ハワイ島レイラニ・エステーツ地域で8日撮影(2018年 ロイター/Terray Sylvester)

コメント

タイトルとURLをコピーしました